20110515
現場調査に行く前に寺町二条のブションへ。
ランチメニュは何種かありますが、この店ではいつも
牛肩ロースのステークフリット。
これを食べると10数年前に初めてフランスの田舎をレンタカーで旅した時に、
サービスエリアや町のカフェで食べた味を思い出します。
皿からはみ出る大きな硬い肉は、塩と胡椒を振って焼いただけというシンプルな味。
つけ合せは山盛りのフライドポテトという、
おおよそフランス料理というイメージからかけ離れた料理ですが、
これがフランス人の国民食なんだよって聞いた時には驚いたものです。
そんなフランスの日常の料理を味わいに定期的に行きたくなるんですよね。



昔より少し小さくなったように感じますが、それでも十分大きいステーク。
柔らかい和牛を食べ慣れた日本人には馴染みのない硬さですが、
よく噛んで、じっくり旨みを味います。
食後はこれも定番のクレムキャラメル。



安くて美味しくてほんとにいい店で、いつも賑わっていますが、
特に外国人客が多いのも特徴かもしれません。
この日もビジネスマンのランチタイムが終わった頃から、
気が付くと周りはみな外国人客ばかりでした。



カジュアルに立ち寄って、カウンターでワインを立ち飲みしてもらえるような店に
というコンセプトでオープンされてもう15年ぐらいでしょうか。
オープン当初はパスティスという名前でしたが数年後にブションになりました。
でもオーナーは同じで、御蔭通りの老舗ベルクールの松井シェフ。
そういえばベルクールは久しく行ってないなあ、そろそろ行かねば!(YAS)
ブションのステークフリット | 03:40 | comments(0) |
20110303

船岡山麓近くのお世話になっている建具屋さんへ行った時、
すぐそばに前から行ってみたかった「スガマチ食堂」がある事を発見。
これは行かねば!と思い、早速お昼ご飯を食べにいってみました。



今でも八百屋さんやお魚屋さんが並んでいる親しみやすい通りの中に、
自然に溶け込んでいる店構えが良い感じ。
ちょっと吉祥寺の「横尾」を思い出す、気取りのない優しい店先が印象的。



お店の中も落ち着いたあたたかい空間。
カウンターにテーブル席、そしてお座敷テーブルがあって、
思っていたよりも広々とした感じ。



定食も通しでいただけるところがご飯遅めの私達にはありがたい。
定食には「本日の定食」と「おすすめ定食」がありました。
せっかくなので、両方頼んでみる事に。
「本日の定食」は、メインが蒸し鶏の塩ダレ、それにお惣菜3種、お味噌汁、
ご飯は玄米に。季節の食材がふんだんに使われた優しいお料理です。
お豆腐にのっていたもろみもすごくおいしかったー!



お友達の猟師さんが届けてくれる鹿肉や猪肉のお料理がメインという、
「おすすめ定食」は、鹿肉のカレー、お惣菜3種、そしてご飯でした。
鹿肉ってパサパサしてると思っていたのだけど、食べてみたら柔らかーい!!
カレーにもよく合ってくせもなく食べやすいお肉でしたよ。



食後は自家製チャイをいただく事に。スパイスが効いて体もあったまります。
ほうじチャイやココナッツチャイなど種類も色々ありました。
チャイは大好き。



カウンターの向こうから聞こえるトントン、カタカタ、シューッ・・・
お店の方が奏でるお料理の音がなんだか心地いい。
カウンターのテーブルにどーんと座ってるお鍋の中にも、
きっと美味しいものがぎっしり詰まっているんだろうな。
こんな食堂が事務所の近くにあったら、しゅっちゅう食べに行くのにー!!



自家製の果実酒もあって、夜にお酒とお料理を楽しむのも良さそうです。
そういえば、水餃子もあったし定食のお料理も単品で注文できるみたいだし、
次は夜に行ってみたーい!!!(AKI)

「スガマチ食堂」へ。 | 17:28 | comments(0) |
20110221
今年も無事確定申告を終えました。はー、すっきり。
毎年本当にめんどくさーい!って思うのだけど、
1年間ため込んだ領収証なんかを整理していると、
気持ち的にもなんだかすっきりしてきてます。
そしてまた1年しっかり働かなくちゃ!と思ったりもします。

税務署の帰り、前から行ってみたかったお店に寄ってみました。
二条城近くにある「CAFE HERON」というカフェです。



街中では町屋を改装したカフェばかりが目立つ京都ですが、
こちらは少し雰囲気が違います。
RC造の無機質な箱の中で、ひょいっと顔をのぞかす緑と木の扉。
なんだかちょっと新鮮な姿です。



使いこまれたアンティークの扉は、北山にある「CAFE DOJI」のオーナーから
譲り受けたものだそう。うんうん、そう言われるとDOJIな感じがするね。
入口にちょこんと置いてある椅子もかわいい。



1階が喫煙席、2階が禁煙席と分かれているのもありがたいです。
想像していたよりも広くてゆったりした印象を受けた2階席は、
テーブル席とカウンター席がありました。一人で来ても落ち着いていられそう。
1階はソファ席もあってそちらもなかなか居心地が良さそうです。



店内の壁は白く塗られてしまっていたけど、窓越しに見るコンクリートの
壁と飴色に輝くカウンターや椅子達がとても合っていて素敵でした。
町屋カフェから離れてみたくなったら、ぜひ訪れてみてください。
すっきりとした中にあたたかみを感じる、町屋とはまた違った心地良さです。



そうそう、食器はなつかしいiittalaのTEEMAでした。
1年半前に行ったフィンランドでは当たり前のように使われていたTEEMA。
結局向こうでは一つも買ってこなかったけど、
久しぶりに目にするとやっぱりかわいいね。このブルー、素敵だね。(AKI)
「CAFE HERON」へ。 | 20:24 | comments(0) |
20100830
8月14日に百万遍から田中里の前交差点に移転された華祥へ、
早速19日に予約して伺いました。今回は5人で行くことになったのですが、
華祥に5人で食べに行くなんて百万遍では考えられなかったし嬉しいことです。
5人だから2階のテーブルかなーと思っていたら2階は貸切で満席。
1階のカウンターに横並びとなりました。カウンターも既に予約で満席。
この大賑わいは当分続きそうです。
さてそれでは何はともあれビールで乾杯ですが、いや実は大ビンのビールが飲めるのも
嬉しいことで、百万遍の店ではビールはスタイニーボトルのみだったため、大ビンで飲めるー
と、ひとりで大はしゃぎ。
厨房も広くなりメニューも増えたようで、食べたことのないものも織り交ぜながら注文することに。

「ピータンとクラゲ、蒸し鶏の和え物」は定番のビールのあて。この蒸し鶏と白ネギが
和えたのが美味しいのよね。

「帆立・海老入りシュウマイ」は蒸し器導入で増えたメニュー。

「チーズ入り春巻き」と「紋甲イカとシソの葉炒め」はどちらも新しいメニュー。
特にイカとシソの葉炒めは、ものすごくシンプルな料理だけに、塩加減がジャストで旨い!
田口シェフの本領発揮を感じます。

また定番のあてに戻って「鶏のフライ・ネギ生姜風味」。おお量が増えてる!

そしてやはりこの店で絶対に食べなくてはならない「大海老のチリソース煮」。
陳建民直伝のエビチリです。美味しくないわけがない!

「タラバ蟹と春雨の特製ソース煮」は以前からあるメニューですが、そういえば
食べたことなかったんだな。いやーこれ旨いです!

「干し貝柱と青梗菜の淡味煮込み」は増えたメニューです。

ビールがすすんで、そろそろ〆にいきますかということで、「牛ロースの黒胡椒炒め」
と「あんかけ焼きそば」。どちらも定番。焼きそばはランチでも食べられます。

「白胡麻だれ冷麺」。ほうれんそうの汁が練りこまれた翡翠麺です。

そして最後はやはり「卵白あんかけチャーハン」です。

大人数で行けると色んな種類が食べられるし、広くなってよかったなーと思います。
新しいメニューも増えているので、これはまた大勢で行かないとね。

そうそう、店に入ってカウンターに座ると端に見慣れた顔が、、、あー
安原先生!!
「いやーよく今まで会わなかったものですねー」なんてお話してると、おかみさんに
「お知り合いだったの?」なんて聞かれたりして。
お知り合いどころか尊敬する大先生ですから!「かつくら」の店舗も全て手掛けて
おられる安原さんは、メニューにも注文をつけるんだよなんて仰られるぐらいの食道楽。
さすがに美味しい店をご存知です。(YAS)

中国料理 華祥
京都市左京区田中里ノ内町41-1
11:00〜14:00
17:30〜21:30
定休日:水曜
華祥@田中里の前交差点 | 16:05 | comments(0) |
20100827
「八坂通りの家」をリフォームするにあたって出していた美観申請が下りたとの電話があり、
書類を受け取りに京都市役所へ。
他の物件の事前相談もあったのでついでに風致課に行ったりして役所まわりを済ませて
昼食に向かったのは、スマート珈琲店。
御池通りから始まるアーケードに入り、姉小路を過ぎたところにある喫茶店です。

創業・昭和7年の老舗カフェですが、当初は洋食屋として営業されていたそうで、
今でも昼だけ2階で洋食のランチが食べられます。オムライスなどもありますが、
ランチセットのメニューはハンバーグやクリームコロッケなどの2品のセレクトになっており、
今日はエビフライとメカジキのソテー・ラタトゥイユソースを選択。
別料金の日替わりスープは枝豆の冷製スープでした。

レトロな店内の、ゆったりとしたテーブルで味わう料理は、量はそれほど多くなく、
どれを食べてもなんだか懐かしい感じのシンプルな洋食ですが、
この「ほどよい具合」とクオリティの高さがスマートの魅力といえます。
枝豆の欠片の残るスープも濃厚で、ちゃんとした洋食屋さんだなーと思う旨さ。
デザートメニューはありませんが、注文すれば1階の喫茶で出している
自家製プリンなども食べられます。

ここのところ事務所でもアイスコーヒーばっかりだったので、久しぶりに食後は熱い珈琲。
豆は自家焙煎のブレンドで、少し濃いめだけど酸味もなく飲みやすいものです。

河原町にほど近いため、買い物途中の奥様方や観光客も多いのですが、
おそらく常連の普段着のおじいちゃん、おばあちゃんなどもひとりで食べておられたりして
ああ長らく愛されている店なんだなあと感じます。
1階で食べるホットケーキやフレンチトーストも美味しいし、
若い女性スタッフの接客も完璧で、ほんとに素敵なお店です。
ただ惜しむらくは禁煙でないので、僕にとってはそこだけが気になるのですが、
まあでもこの店で禁煙というのも無粋かもしれませんね。
たゆたう煙を見ながらゆったりと昭和を味わうぐらいの気持ちで珈琲を飲みたいものです。(YAS)

スマート珈琲店
京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町537
8:00〜19:00
11:00〜14:30(ランチタイム)

無休(ランチのみ火曜日定休)
スマート珈琲店@寺町姉小路 | 16:07 | comments(0) |
1/6 >>