20100905
9月になりましたよ。おしゃれの季節がやってきましたよ。
もう、お店にはブーツが並び、茶色やグレーの秋色ばかりですよ。
ざっくりカーディガンも売ってるし、店員さんはすっかり秋モードですよ。
なのに、なんだ!このピーカンは!!
新しい洋服も小物も欲しいのに、欲しい気持ちはいっぱいなのに、
お店に行ったら買う気になれないのだもの。試着なんてとんでもない。
はあー、もうそろそろこの暑さ、いいのではないですか?

それでも好きなお店のカタログだけはしっかり手に入れ、気持ちを高めています。
こちらは大好きなmina pelphonenのA/W Collection 「紋黄蝶」。
カタログというにはもったいないような、写真集のような一冊。

今季の「紋黄蝶」のモデルは、湯沢 薫さん。
昔から好きなモデルさんの一人ですが、雰囲気がとてもminaにあっていて素敵。
今季もとても素敵なコレクションばかりでうっとりです。

昔から東京に行ったときは直営店のある白金まで行き、
大阪や神戸のセレクトショップにたまに寄っては、近くにあったらいいのに・・・と
願い続けていたminaのショップ。
2007年に直営店が京都にできたときは大喜び、感激したものでした。
あれから気が付けば3年、少しずつ私のクローゼットにもminaの服が並び、
毎シーズン新しいテキスタイルに目を輝かせる日々が続いています。
お店は四条河原町を少し下がった寿ビルディングというビルにあります。
お店の雰囲気だけでもとても素敵だし、洋服以外にも魅力的なものであふれていますよ。
京都に来られた時にはぜひ一度足を運んでみてください。

京都では、素敵な着こなしをしている年配の女性を多く見かけます。
私の好きなminaやVlas Blomme の洋服をさらりと着こなす方もよく見かけるのですが、
洋服に負けていない姿に惹きつけられます。
私もそんな女性になっていきたい。
好きな服に寄り添えるような人でありたいと思います。まだまだですけどもね。

さあ、そろそろお店に行かなくちゃ。これっ!と思える1着に出会うために。(AKI)
おしゃれの季節ですよ。 | 19:46 | comments(0) |
20090715
昨日から始まった恵文社での平岡あゆみさんの帽子展に行きました。
平岡さんは
「Pois E」(ポイぜ)という名前で布小物の製作をされていて、最近は
帽子作家としてコムデギャルソンのショーなどで活躍されたりしています。
平岡さんの帽子はずーっと欲しくていつか絶対買う!と決めていたものの一つ。
(欲しいものはたくさんあって困ります)
展覧会にはたくさんの帽子が並んでいて見応えたっぷり。
当日だけ平岡さんが在廊されていたので、お会いすることもできた。
悩む私にじっくりつきあってくださって、一番似合う帽子を一緒に選んでもらう。
創られる帽子と同じ、とても素敵な、凛とした方でした。
今年はこの帽子で夏の日射しに立ち向かうのだ!

バオという素材で編まれた帽子。軽くて形もかわいい。黒いリボンが大人な感じ。
夏はヘレンカミンスキーのものをかぶっていますが、また一つ素敵な帽子が仲間入り。
どちらも長く愛用できる夏の帽子です。(AKI)

 恵文社一乗寺店 ギャラリーアンフェールにて
 「swing hat」
 ジャンル:帽子
 開催者:Pois E(ポイゼ) - 平岡 あゆみ
 http://www.keibunsha-books.com/









夏の帽子 | 17:38 | comments(0) |
1/1