20150627
岡崎の家はオープンハウスの翌日に撮影を行いました。
梅雨の時期の撮影は晴れのタイミングにスケジュールを合わせるのがひと苦労。
うまく合わないとズルズルと伸びてしまうので心配していたのですが、
この日は曇天ながらも光が差し込んでくれていたのでホッとしました。
晴れの日の撮影はもちろん問題ないのですが、
少し曇っているほうが光がやわらかいので陰影が強くなりません。
全体的なトーンをやわらかい雰囲気にしたければ曇天ぐらいでも全然大丈夫。
もちろん陰影がビシッと出た写真が欲しければ快晴のほうがよいので、
最終的にはどういう写真を求めるかによります。

奥の坪庭に向けて大きな窓を設けていますが隣地との距離があまりなく、
どうしても太陽の差し込む時間が限られます。
しかも西向きの窓で昼以降しか光が入らないため、
階段上部の切妻屋根に東西一箇所づつの大きなトップライトを設けて、
上部から一日中光が差しこむようにしています。
午前中は東側のトップライトから階段に沿うように光が落ちてくるのですが、
昼からは西側の屋根のトップライトから光が差し込んできます。
形や明度を変えながら少しずつ動いていく様はまさに自然が描く芸術。
時間や天気によって日々刻々と変化していきますが、
特にくっきりとした光の帯は、さながら壁に描かれたミニマルアートのよう。
南の窓がないので同じ場所から一日中光が入るということのない住宅ですが、
逆にだからこそ時間によって生まれる光と影を楽しんでもらいたい、
という思いで設計していたので、この光を現場で確認できてよかったです。

撮影は平野和司さん。
この季節は日没が7時を超えるため、夕景の撮影が終わったのは8時すぎ。
朝早くから夜までこの家の中で生まれる色々なシーンを見ることができました。
あとはどんな写真を皆さんにお見せできるか楽しみにしています。
撮影 | 08:47 | comments(0) |
20150623
岡崎の家のリノベーションは無事に竣工いたしました。
先週末はクライアントの「みやこエステート」さんが
オープンハウスを開催されたので私たちも参加させて頂きました。

今回は販売物件だったこともあり、
オープンハウスで多くの方に実際に空間を見て頂き、
直接色々なお話ができたことは私たちにとってもよい経験でした。
中にはブログやHPを見ましたよと言って頂いた方もいらっしゃったので、
サボってないで更新しないといけないなーと反省したりも。

延べ床面積19.6坪の小さな家ですが、お子さんが独立されたご夫婦の住まいや、
セカンドハウスとしてちょうどいいサイズですねと好評でした。
確かに一般的に販売されている住宅は、
どうしても子供さんのいるご夫婦を想定しているので、
なかなかこういう小さな家ってないんですよね。
しかも今回は岡崎という立地条件もよいことから、
あっという間に売れてしまったのですが、
これからも岡崎の家のように「小さくても上質な家」を手掛けていきますので、
次回のプロジェックトをご期待下さい。
オープンハウス | 00:52 | comments(0) |
20150522
岡崎の家は内部の仕上げ工事がほぼ終了。
竣工を控えてバタバタと残工事をしています。
両隣が近接して建ち、光や風が入らなかった小さな古家が
リノベーションでどのように生まれ変わったのか、
その雰囲気が分かるようになってきました。

壁は淡いじゅらく色の吹付けなので和風の配色ですが、
巾木や回り縁は隠し、扉や窓の開口枠もできるだけ小さくすることで
モダンな雰囲気になるようにデザインしています。
壁際や天井に向けた間接照明が入ると、ひときわ落ち着いたイメージ。

この日は木製建具の取付けに建具屋さんが来ていました。
坪庭に面しては多くの風を取り込みたいということで、
3枚引きの木製建具を入れています。
木製建具はひとつひとつが手作りのため、
現場で職人さんが何度も細かく滑りや建て合わせを調整します。
3本引きといっても網戸があるため実際は5本引きになり、
5枚の建具が片側の1枚分にきれいにまとまるよう、
何度も建入れ直して微調整してくれていた職人さんに感謝です。
仕上げ工事 | 10:08 | comments(0) |
20150515
岡崎の家のリノベーションは仕上げ工事が始まっています。

階段が入ってようやく部屋の輪郭が見えてきました。

庭に面したリビングの奥からこの階段で二階へ上がります。

小さな住宅なのでコンパクトなイナズマ型の側桁とスケルトンの段板のみで、

できるだけ小さな存在に見えるようにデザインしています。

階段下はテレビなどのスペースにあてて空間を有効に利用します。


浴室がもともと小さく最小のユニットバスも入らなかったのですが、

柱の位置からどうしても同じ場所でないとプランが納まらないため、

タイル張りの在来工法で浴室を作っています。

この日は職人さんが目地埋めの作業中。

昔ながらのタイル張りは時間が掛かりますが、

手仕事の痕跡が残るのがとても素敵。

工業製品のように綺麗すぎないところがいいんですよね。

仕上げ工事 | 00:20 | comments(0) |
20150228
岡崎の仁王門通りは北側に疎水が流れ、
近代美術館や京都市美術館などの文化施設が点在するアートエリアです。
そんな仁王門通りから路地を入ったその奥で、
岡崎の家のリノベーション工事が始まりました。
袋小路になった巾2mの道に面した隠れ家のような住宅です。

築年数は不明で、図面などの資料もありませんので
解体してみると思わぬ位置に梁が通っていたり、いなかったり。
当然柱や耐力壁の補強をしながら、計画案を微調整して工事は進みます。

この日は梁と柱の補強が出来たとのことで、現場で監督や大工さんとの打合せ。
図面どおりに納まらない部分を確認しています。
思っていたとおりにならないのはリノベーションではよくあること。

2階は予定していた位置でロフトができなかったり、
母屋がトップライトに当たってしまうようなので、
それらをどう修正するか相談中。
臨機応変な対応力と、現場の職人さんの協力がなければ
リノベーションはうまくいきません。

延床おおよそ21坪の小さな家ですが、
吹付けの壁や庭に面した3本引きの木製窓、
鉄骨階段や吹抜のある小さなギャラリーで
ラグジュアリーなジャパニーズモダンの空間を目指しています。
竣工はゴールデンウィーク頃の予定。
現場が始まりました | 00:23 | comments(0) |
1/1