20150421
御室の家を追加撮影するためお伺いしました。
前回はソファが無かったため、
リビング方向のアングルを撮影していませんでした。
カメラマンは前回と同じく岡田大二郎。

キッチンとダイニングテーブルに並列するように、
リビングとワークスペースを配置しています。
ワークスペースにはご夫婦それぞれのPCがあり、
仕事が出来るように大きなスペースをとっています。
ですが来客時などは雑多な雰囲気が見えるのが嫌とのことでしたので
4枚折れ戸で部屋ごと隠しておけるようにしています。
もともとは押入れと廊下側の収納があった場所で、
角の柱は取れなかったのですが内部の柱は撤去できたので、
程よい奥行きのあるワークスペースになっています。
そしてワークスペースやリビングでお互いが、
適度な距離感を保ちつつも同じ空間の中に居れる、
という関係性がデザインできたかなと思っていますがいかがでしょうか。
追加撮影 | 21:28 | comments(0) |
20150227
昨年末から計画をしていた御室の家が竣工しました。
仁和寺にほど近い、築40年程度の古家のリノベーションです。
工期が限られていたので急ピッチの工事だったのですが、
なんとか無事にお引越しも終わり、お施主さんの新しい生活が始まっています。
この日は撮影でお伺いしました。

カメラマンは岡田大二郎。
どういうアングルにするか二人で思案中。
ソファがまだ入っていないのでリビング方向は再度撮影させて頂くことにして
この日はキッチンとダイニングの撮影が中心。

ちょうど娘さんが学校から帰ってきたので、
奥様と一緒に写真に入って頂いたりして、とても楽しい撮影でした。
もともとは洋室と和室の続き間だった2階の部屋をひとつの空間にして、
LDKを1階から2階に変更しています。
2.4mで張ってあった天井を全て撤去して屋根なりの勾配天井にすることで、
気持ちのよい高天井の空間になっています。

解体すると立派な丸太梁が出てきたので、
出来るだけ空間はシンプルなホワイトにして、
床に張った杉フローリングや障子などの和の要素とともに
ジャパニズムモダンな雰囲気にデザインしています。

キッチン上部にスポット、ダイニングにペンダントを配置していますが、
部屋全体は壁きわからの間接照明のみ。
天井からの反射光で、部屋全体をほんわかと照らしています。

今回のリノベーションは外壁や窓は変えていないので、
既存の窓の位置を有効に利用しながらプランニングしています。
そのためキッチンの配置などにも制約があったのですが、
それもリノベーションの面白さのひとつ。
だからこそ新しく生まれ変わった空間が、
なんの違和感もなくあたかも最初からここに在ったように
感じてもらえると嬉しいなと思っています。
撮影 | 19:23 | comments(0) |
1/1